HMBって結局何なの?HMBをわかりやすく解説!

最近流行りのHMBって結局何なのでしょう?流行に乗り遅れてしまった方のために、HMBについてわかりやすく解説します!
MENU

HMBって結局何なの?HMBをわかりやすく解説!

 

筋肉サプリメントとして近年よく使われだしたのが、HMBという成分です。

 

以前までは、プロテインがとても有名でしたが、それに代わるように登場した成分です。解説すると、成分の利用価値としては筋肉を作るのに必要な要素を持っており、摂取することで筋肉アップを目指せるようになります。

 

HMBはプロテインとは違う?

プロテインはタンパク質そのもので、摂取してもタンパク質が消化吸収されて、その後にタンパク質でできている筋肉に作用するかは予想が難しい部分があります。

 

しかし、HMBはタンパク質を構成するアミノ酸と深く関わる成分で、筋肉アップにつながりやすい性質を持っています。

 

タンパク質そのものを摂取するのではなく、構成する成分に関わる成分を摂取することで、効率よく理想的な筋肉を作れるという仕組みです。

 

BCAAとEAA

ポイントになるのが、分岐鎖アミノ酸であるBCAAと、必須アミノ酸のEAAです。

 

まず、EAAですが、必須アミノ酸は体内で合成できない、食事で摂取する必要のあるアミノ酸が該当します。筋肉の発達に関わるアミノ酸で、バリンやロイシン、イソロイシンやヒスチジンにリジンなど、合計9種類が分類されています。

 

 

BCAAは筋肉で代謝されるアミノ酸で、これだけを摂取しても筋肉アップに貢献するほどです。EAAの中でも、BCAAに該当する成分として、バリンとロイシン、イソロイシンの3つがあります。

 

特に筋肉を作り出すのに重要な成分がロイシンで、ロイシンが筋肉に運ばれると、筋肉を作るための代謝物を作り出します。この代謝物がHMBです。

 

そのため、プロテインを摂取するよりはHMBを摂取した方のが、筋肉アップの効果が高いといえます。

 

実際にサプリメント大国として知られるアメリカでは、既にHMBの性質に対して高い関心が集まっており、古くからサプリメントが発売されています。

 

日本ではつい最近までHMBの認可が下りていない状態であったため、最近になって急激に人気が高まってきた経緯を持ちます。

 

>>おすすめのHMBサプリの詳細はこちら

 

このページの先頭へ